抗うつ剤の功罪:うつ病について考える004

当ブログの「うつ病について考える」では、うつ病(大うつ病や気分変調性障害)に的を絞って書いていきます。

今回も、またまた相当長いです。

- * - * - * - * - * - * - * - * - * -

上の記事は、つい先日の朝日新聞の記事です。

抗うつ剤を簡単に出してしまうお医者さんが多いことを、日本うつ病学会もわかっているということが、この記事からうかがえます。

そして、よく「新型うつ病」と言われるものに関しては、抗うつ剤を処方するのはやめるべきとまで言っているようです。

病院では、主に患者さんの訴えを「DSM-検弊鎖西祿欧凌巴任氾計の手引き:第4版)」というガイドラインに照らし合せて、うつ病かどうかの診断を下しています。

ですが、新型うつ病と言われる症状の方は、あきらかにその基準から外れてしまっているということなんです。

しかし、そんな方にも抗うつ剤や、あるいは抗不安剤を安易に出してしまうお医者さんがたくさんいる、ということらしいです。

大うつ病の場合、もう本当に何もする気が無くなって、実際に身体を動かすのも億劫(おっくう)になってしまうはずなんですが、新型うつ病の方の場合は、特定の仕事や場面などで抑うつ症状が起こるけれども、それ以外の時には普通に生活も趣味もこなせてしまうので、それがDSM-犬隆霆爐箸楼磴Δ任靴腓Α△箸いΔ海箸覆鵑任垢諭

DSM-犬箸いΥ霆爐、ICD-10という基準か、何しろ国際的な基準があって、お医者さんはその基準を患者さんに出ている症状と照らし合わせて診断を確定することになっています。

その基準からすると、「新型うつ病」と言われているものは病気ではない、と日本うつ病学会が発表したということです。

- * - * - * - * - * - * - * - * - * -

以上は新型うつ病の例ですが、一般的なうつ病の治療では、患者さんに出ているうつ病の症状に合わせて、どんどん薬を出してしまっているお医者さんがたくさんいるのが現状です。

中には精神科の勉強をしたことが無いお医者さんが、机と椅子だけで開業できる精神科を始めて、それで症状に合わせて、どんどん薬を出してしまっているというケースもあるそうです。

お医者さんには○○科というのを自由に決められる権限があるので、そんなことが起こってしまっています。

ちゃんと勉強してないから、症状に合わせてあの薬もこの薬もとどんどん出してしまい、患者さんは薬漬けになって、そこから抜け出すことができなくなってしまっている患者さんがすごく増えてしまっています。

気分が高揚する薬と、気分が落ち着く薬を一緒に出すなど、明らかにおかしいという場合も多々見られるということです。

そのような先生の出した薬を、大学の精神科の正しい抗うつ剤治療ができる先生に見せたところ、「この症状にこんな薬の出し方や量はおかしい」と言われて、見直してもらった薬に切り替えてみたら、薬の副作用が落ち着いた、というレポートを、ちょっと前のニュース番組で見たことがあります。

また、抗うつ剤や抗不安薬は飲んでいるうちに耐性ができてしまい、耐性とはつまり、少ない量では効かなくなってしまうことで、どんどん薬の量が増えていくことになってしまいます。
お酒を飲んでいるうちに、どんどん強くなっていくのと同じです。

薬での治療なんで、うつ病の症状が出ている間はずっと薬を飲み続けることになり、文字通り薬漬けになってしまいます。

抗うつ剤は副作用がきつい場合が多々あるので、薬による治療を止めたいと思って飲むのを止めると、今度はとても苦しい禁断症状(離脱症状と言います)が出てしまい、止めるに止められなくなってしまうというおまけつきです。お酒と同じです。

少しずつ減らせば離脱症状は出ないということになっていますが、そんなのは人それぞれで、少しでも減らしたら、身体のいたるところにコリや身の置き所がないほどゾワゾワ感が出たり、あるいはまったく寝ることができなくなったりなどの症状が起こります。

(この抗うつ剤(睡眠薬)を止めることでまったく眠れなくなる症状を、「反跳(はんちょう)性不眠」と言います。今まで薬で眠りについていたためか、薬がないといつまでたっても眠ることができなくなってしまう症状です。これがまた相当に苦しい症状です)

うつの症状も治らなければ、薬も止められなくなり、薬の影響で細かい作業や頭を使う作業もできなくなってしまいます。

やはりどう考えてもおかしい。

- * - * - * - * - * - * - * - * - * -

今日放送されていたフジテレビのスーパーニュースで、「“うつ病治療"の影 危険な過剰投与・摂取やめられない“泥沼”」というタイトルの特集をやっていました。

北里大学病院の救急救命センターに、大量の抗うつ剤を飲んで自殺を図った方が運び込まれてくるシーンから始まりました。

最近、たくさん抗うつ剤や抗不安剤や睡眠薬などを処方されているうつ病の方が、数多く運ばれてくるようになったというんです。

また、患者さんを次から次へと診なくてはいけないことなどが原因で、お医者さん自身が「薬物“治療”依存」になってしまっている、と話している精神科医の先生も出ていました。

同じ先生の言葉だったかは忘れましたが、「うつ病は本来話を聞くのが主な治療で、薬は補助的に出すものだ」ということも言われていました。

夕方のニュース番組で、ここまではっきり警鐘が鳴らされるほど、うつ病治療の現状がままならない状態になっています。

読売新聞のホームページの「ヨミドクター」の「佐藤記者の「精神医療ルネサンス」」では、スーパーニュースよりもっと激しくこの問題に切り込んでいますね。よかったら検索して読んでみてください。

- * - * - * - * - * - * - * - * - * -


 ○抗うつ剤治療も、確かに役に立ってはいますが、、、 


そんな抗うつ剤ですが、うつ病が世間に認識され始めて、うつ病の法的な救済制度ができたのは、SSRI(選択的セロトニン再取り込み阻害薬)のような、新しい世代の抗うつ剤が出てきたからではないかと、なんうん堂は考えています。

それまでの抗うつ剤に比べて副作用が少なくなって、より軽度のうつ病にも適応なので、お医者さんも薬が出しやすくなったんですね。

うつ病になってしまった方を一時的に助ける、現在唯一の方法でもあります。


うつ病になった方の多くは、ご自分の抱える状況に追い詰められて、ぎりぎり観念するところまで行ってから病院にかかる方が多いようです。

しかも病院で初めて自分が「うつ」であることを知る方も多いようです。

わけもわからず動くのが億劫(おっくう)でつらくなり、やっとうつ病だと原因がわかるだけでも、患者さんにとってはひとまず安心はできます。

ぎりぎりのところにいる患者さんを目の前にして、お医者さんはすぐに診断書を書いて、会社に対して患者さんの不利益にならないような、合法的な方法で休みが取れるようにしてくれます。

そして抗うつ剤を処方してくれて、ストレスでガチガチになった身体を、とりあえず休ませる機会を提供してくれます。

それで治る割合がもっと上がれば問題も少ないんですがねえ。

- * - * - * - * - * - * - * - * - * -

抗うつ剤によるうつ病の治療は、早くて半年というのが相場です。

「治った」という場合について調べてみても、多くの場合は抗うつ剤を飲み続けながら日常生活を続けることができるようになったというだけで、根本的には治っておらず、お薬でコントロールできているよ、ということだったりします。

抗うつ剤ってある意味「睡眠薬」ですから、飲んでポワンとして、つらさに鈍感になるんではないでしょうか。
(抗うつ剤は、仮説に基づいた治療の薬ですが、なんうん堂は経験からそういう仮説を立てています。)

現在の医学ではうつ病の原因はまだわかっておらず、脳内の機能が原因であるという仮説をもとにした薬で治療ということになっているわけで、そして治るのに半年以上で、しかも薬を飲みながらうつ病をコントロールって、そんな仮説は一部の人にはあてはまっているかもしれませんが、ほとんどの人にはあまりあてはまってないですよ間違いなく。

それに再発もかなり多いですし。
人の身体なんて常に変化していますから、薬は変化に合わせて微調整をしないとすぐに合わなくなってしまいますよ。
メガネで視力を調節するのと同じで、メガネだって時間がたてば合わなくなってきます。

そして残念ながら、限られた期間内に仕事に復帰できるぐらいうつ病をコントロールできなかった患者さんは、仕方なく退職や廃業、学生さんなら退学することになってしまい、また、抗うつ剤を断つこともできなくなってしまったりもします。

抗うつ剤が、害ばかり多くて役に立ってないと言いたいわけではありません。

抗うつ剤中心の治療だけでうつ病を何とかしようというのは、やはり限界があると言いたいんです。

- * - * - * - * - * - * - * - * - * -

先ほどの先生の「薬は治療の補助」で、抗うつ剤は主役では無いのだと思います。

それに、ガチガチになった首や肩、そして薬じゃ取れない胃腸の痛みや違和感を持った身体をまったく治療しないで、それで脳の神経の伝達物質の量を変える薬を飲んだだけでは、そりゃ治りっこないです。ポワンとした気分になって、苦しみをまぎらわせるだけです。

身体の治療もしましょうよ!というのが、このブログで言いたい事の一つです。

ストレスっていうと、たとえば胃腸に強く出れば、胃炎や腸炎が出るし、筋肉に出れば肩や首がこるし、いろいろなところがくたびれるのが普通です。

うつ病の判断基準通りのうつ病の患者さんの多くは、「まじめな性格」「几帳面な性格」で、働きすぎや身体を酷使し過ぎでストレスがちょっと休んだくらいでは回復しなくなった状態です。メランコリー親和型の性格というのでしょう。

病院での薬での治療では回復しなくなってしまった身体の疲れやこわばりのために「うつ病」にされてしまっている方が、どれほど多いことか。

- * - * - * - * - * - * - * - * - * -

今回は、なんうん堂が把握しているうつ病治療の現状(と個人的な愚痴)でした。

タイトルの「抗うつ剤の功罪」というテーマからは、ずいぶんそれてしまったかもしれませんねえ、、、

ともあれ、まだまだこのテーマを続けます。

at 22:00, なんうん堂, うつ病について考える

comments(2), -, - -

情報が豊かになればなるほど、枝葉が繁り、幹は見えなくなってくる:うつ病について考える003

当ブログの「うつ病について考える」では、うつ病(大うつ病や気分変調性障害)に的を絞って書いていきます。

−・− −・− −・− −・− −・− −・− −・− −・−


○ 情報が豊かになればなるほど ○
○ 枝葉が繁り、幹は見えなくなってくる ○


うつ病について考えるのになんでこんな格言が出てくるのかと、このブログを読んでくれている方は不思議に思うことでしょう。

この言葉はドラッカーの言葉です。

ベストセラーになった「もし高校野球の女子マネージャーがドラッカーの『マネジメント』を読んだら」のドラッカーです。

なんでこんな言葉を引っ張り出したかというと、現在の抗うつ剤によるうつ病治療の現状が、まさにこの言葉にあてはまっているんではないかと思ったからなんです。


抗うつ剤は、うつ病が脳内の神経伝達物質が減っていることが原因だという「仮説」をもとに使われていて、世代の新しい抗うつ剤であるほど、副作用が少なくなるなどより研究され、進化しているんですが、抗うつ剤の研究や進化という枝葉が繁(しげ)りに繁ってしまい、もともとの幹が仮説であることが見えなくなってきてしまっている、と思えるんですよ。


この分野の専門家の方からすれば、なんうん堂のこの意見は「ど素人が笑わせるな」と思うことでしょう。
そもそも抗うつ剤とうまく付き合いながら、普通に生活できている方もたくさんいらっしゃいますし。

仮説ではなく本説がまだわからない以上、わかっている方法で、今まさに苦しんでいらっしゃるうつ病の患者さんを助けないといけないですから、抗うつ剤治療は仕方ないことではあるんですが、しかし、抗うつ薬を使って治療をしている医師の中に、抗うつ剤ではうつ病は治らない、と公言している方が、もう何年も前から少なからず出てきています。

治療に抗うつ剤を使わないお医者さんすらいらっしゃるようです。


また、副作用が少なくなったと言っても、抗うつ剤は依存性があったり、やめたときの離脱症状(禁断症状)が激しかったり、いろいろな自律神経症状が出たり、マイナートランキライザー系の薬であるためか普段眠くなってしまったり、使っているうちに効かなくなってきてどんどん量や種類がふえていったり、お酒と一緒に服用してしまってひどい事になる場合もあったり、と、数々のシリアスな危険性があるものなので、そういう意味での批判も多くなってきていますね。

NHKスペシャルで、「うつ病治療 常識が変わる」という番組も組まれましたが、医療業界の事情や都合もいろいろある、ということも、知っている人はすでに知っていることですね。

この医療業界の事情などというのも、これまた「繁りに繁った枝葉の一部」だと思います。

この番組は本にされていますので、興味がある方はお読みになるといいと思います。
アマゾンでこの本の目次を見ることができます。

   NHKスペシャル うつ病治療 常識が変わる

ちなみにこの本が出たのが2009年の9月で、現在が2012年の6月です。
世間の一般の人たちのうつ病に対する認識は少しずつふかまっているようですが、うつ病の治療法に関しては、本説がまだ見つかっていないためか、あまり変わってはいないようです。

、、、なんうん堂はずいぶんたくさんの本や情報にあたって調べてみましたが、やはりうつ病治療で抗うつ剤で脳や神経だけをいろいろやるだけでは、本当にうつ病をなんとかする治療にはならないと思っています。まあ鍼灸師としての経験や目線もあってのそう思っているわけですが。

だらだらと続きます。

at 01:00, なんうん堂, うつ病について考える

comments(0), -, - -

抗うつ剤は神経の働きに作用する薬:うつ病について考える002

当ブログの「うつ病について考える」では、うつ病(大うつ病や気分変調性障害)に的を絞って書いていきます。

−・− −・− −・− −・− −・− −・− −・− −・−


○ 抗うつ剤は神経の働きに作用する薬 ○


なんうん堂はもうずいぶん前に調べてわかっていたのですが、あらためて抗うつ剤を調べてみました。


抗うつ剤には歴史があっていろいろなものが出ているのですが、だいたい以下のような種類があげられます。

「三環系・四環系抗うつ剤、SSRI、SNRI」

見たことや聞いたことがある人もいらっしゃると思います。
左側から古い世代の薬で、右に行くほど副作用が少なくなっている、という事になっています。

すべて「神経が情報を伝える機能をどうにかする」薬です。


もう少し詳しく言うと、
「神経が情報を伝える「神経伝達物質(セロトニンやノルアドレナリン)」の量を増やす薬」といったところです。

見慣れない言葉がいきなり出てきてわかりづらくなったので、もっと砕いて説明します。

神経にはところどころに連結部があって、一本でつながってはいません。その連結部を「シナプス」といいます。
神経自体は電気で情報を伝えていますが、この連結部にはすき間があって「神経伝達物質」という物質をつかって、前の神経から後ろの神経に情報を伝えています。
うつ病の人はセロトニンやノルアドレナリンのような神経伝達物質が少なくなっているのがわかっているので、その量を増やせば、神経の働きが戻ってうつ病も治るだろう、という理屈です。

『抗うつ剤は、セロトニンやノルアドレナリンのような「神経伝達物質」の量を増やす薬』
ということです。


うつ病の原因の仮説は、
「脳の働きのバランスがくずれて、身体がキチンと働かなくなってしまっている状態」
ですので、抗うつ剤は「うつ病で減ってしまっている脳の中の神経の神経伝達物質を増やす」のが目的なわけです。


って、脳だけがうつ病の原因なんですかねえ、、、
鍼灸師なんうん堂の見立てでは、身体にずいぶん反応が出ているとしか思えないんですが、、、

しかしうつ病の定義で「身体はどこも悪くないのに」というのがあるので、西洋医学的には問題にしていない反応なんですね。


、、、お医者さんの言う「どこも悪くない」と、よく家具類などの宣伝で使われる「人間工学に基づいて」という言葉は、なんうん堂にはどうも信じられません、、、

つづきます。

at 01:00, なんうん堂, うつ病について考える

comments(0), -, - -

うつ病の原因は、まだわかっていない:うつ病について考える001

当ブログの「うつ病について考える」では、うつ病(大うつ病や気分変調性障害)に的を絞って書いていきます。

−・− −・− −・− −・− −・− −・− −・− −・−

○ うつ病の原因は、まだわかっていない ○


「うつ病」について書くにあたっては、まずは「うつ病ってどういう病気なの?」ということを書くのが順当です。

とうわけで調べてみました。

・気持ちはあるのに、身体が動かない。やる気になれない
・すぐくたびれる
・考えるのも面倒になって、考えることができない。
・楽しむことができない
・不安や焦りが出てくる
・怒りやすくなる
・食欲が無くなる(逆に食欲が出る場合もある)
・寝れない などなど

このような状態が2週間以上続くとうつ病、ということになります。

お医者さんがこれらの症状から判断して、「あなたはうつ病ですねえ」と確定診断を下します。


なんでもない人とうつ病の人それぞれに風邪のウイルスをたらすと、うつ病の人の方が風邪にかかりやすくて、しかも治りにくいそうです。

身体が自分を治そうとする免疫力も落ちてしまっているんですね。


うつ病は、
『見た目はなんとも無いようにしか見えないのに、何しろ身体が弱っている』
状態であるようです。

なので、数年前のように今ほど理解されていない頃には「なまけ病」と言われていたりもしました。


じゃあうつ病の原因は何なの?どうしてうつ病になるの?というと、実にざっくりと言うと、

「身体は悪くないのに、脳の働きのバランスがくずれて、身体がキチンと働かなくなってしまっている状態」

と説明されています。

なるほど病院やクリニックでのうつ病治療では、脳の中で作用する抗うつ剤での治療が主流であり、ほとんどの病院では抗うつ剤での治療しかされていません。

、、、ですが、、、

「脳の働きがくずれている=うつ病」というのは、まだ『仮説』なんだそうです。

仮説、つまり『うつ病の原因は、医学的にまだはっきりわかっていない』ということなんです。


というわけで、現在行われているうつ病治療は、「原因はわからないけれど、とにかくわかっているやり方で、症状をコントロールしましょう」という治療がなされているわけです。
一般の病院で受けられる「抗うつ剤での治療」がそれにあたるわけですね。


次回は、抗うつ剤がどういう仕組みでうつ病をなんとかしようとしているのかについて、すごくざっくりと、わかりやすく説明しようと思います。

at 21:00, なんうん堂, うつ病について考える

comments(0), -, - -

新カテゴリー:うつ病について考える 序章

南山北山ブログでは、新しく「うつ病について考える」というカテゴリーを始めることにしました。

以下これまでのように、くどく、というか掘り下げて、うつ病を扱っていこうと存じます。

※補足※
うつ病の中でも「気分変調性障害」と「大うつ病」だけを扱うことにさせていただきます。(6月22日補足)

-・- -・- -・- -・- -・- -・- -・- -・- -・- -・-

なんうん堂は鍼灸院で、鍼灸は適応症状ならすべての科の病態や病気を診る事ができる療法でして、本来、病院やクリニックのように「○○科」や「○○外来」というのはありません。

ですが、よく家伝灸にあるんですが、「○○の灸」というのがあり、得意分野を宣伝していたところもたくさんありまして、患者さんにとってはわかりやすくて都合がいいわけです。

なんうん堂はこれまで、「後鼻漏」という病態について分野を絞って考えてきましたが、うつ病についても考えて行こうと思います。

ところで後鼻漏については、知り得るあらゆる情報から原因や治療法の評価をしてきただけでしたが、うつ病はもっと積極的に鍼灸のやり方で施術できる病態であると考えています。

もっとも、うつ病と言ってもいろいろなわけで、鍼灸がガッツリ効くものとそうでないものがあり、特に心療内科で扱う心身症分野ではなく、精神科分野まで病態が至ったものについては難しいです。(施術を続ける事ができないからです)

-・- -・- -・- -・- -・- -・- -・- -・- -・- -・-

西洋医学と言いますか、現代医学ではうつ病の原因や仕組みはいまだにわかっておらず、(大うつ病だと思うんですが)治るのに半年以上かかり、しかも再発しやすいとされている、とても深刻な病態です。

このブログでは、東洋医学だろうが鍼灸だろうが西洋医学だろうが、知り得るあらゆる情報を元に、思い至った部分から、筋道を立てずにランダムに考えを展開していきたいと思います。

うつ病の対応はなかなか大変でして、どこまでできるかわかりませんが、限界がきてしまいましたら躊躇する事無く休止させていただく所存です。
ともあれ、興味のある方はお付き合いください。

at 23:00, なんうん堂, うつ病について考える

comments(0), -, - -